交通事故の被害者にも過失(事故の原因)がある場合、加害者の過失と被害者の過失の割合に応じて、損害賠償責任を負担することになります。そのことを「過失相殺」といいます。
また、どの程度の過失があるかをパーセントや割合で表したものを過失割合といっています。