Consultation & Relief of the traffic accident

理不尽な相手

  • HOME »
  • 理不尽な相手

理不尽な言い分をスカッと解決するには

交通事故では、双方の言い分が異なることが多いようです。
結論から言うと、証拠をそろえて、短期で裁判に持ち込むことが有効です。

実際に裁判にならなくても、弁護士を準備して即裁判という構えを見せることも重要です。
また、民事のいわゆる交渉には、過失割合の判断基準の正しい知識も必要となります。

>>過失割合について
事故の証拠保存についても注意が必要です。
>>事故の証拠保存について

NPO法人 交通事故相談救済センター TEL 0120-719-717 お問合せ 24時間受付



〒807-0831
福岡県北九州市八幡西区
則松6丁目2番1号
ウインディア則松201号

当センターは、交通事故被害にあわれた方々の相談・救済を行うことを目的に設立されたNPO法人です。 交通事故は、それぞれの状況に応じてさまざまです。一般的な事故評価を基準に考えがちですが、個々の事故をよく検証しなくては過失割合も適切な設定ができません。さらに、インターネット上に記載されている情報には誤ったものもあります。 当センターは、年間300件以上の事故の相談を受け、それぞれのケースに適切なアドバイスを行っています。一般的な知識だけなく、それぞれの交通事故に応じた直接的なご相談に応じるため、是非お気軽にお問合せ下さい。
無料相談実施中
PAGETOP
Copyright NPO法人 交通事故相談救済センター All Rights Reserved.