Consultation & Relief of the traffic accident

手続きについて

  • HOME »
  • 手続きについて

交通事故に関連する、さまざまな手続きについてご紹介いたします。
手続きを商いとして代行できるのは、行政書士の有資格者になります。
当センターでは、ご要望であれば行政書士のご紹介もいたします。

自賠責保険への請求

自賠責保険への請求には、「加害者請求(自賠法第15条)」と「被害者請求(自賠法第16条)」の2通りがあります。

「加害者請求」は加害者が被害者への損害賠償金を支払った後で、自賠責保険会社に対して、領収書などの必要書類を揃えて請求する方法です。加害者が任意保険に加入していれば、その保険会社が手続きをしてくれます。
しかし、加害者側の保険会社の対応は、被害者に寄り添った最善の対応とは言えないことも多いようです。保険会社にとっての最善の対応となるのは必然です。

「被害者請求」は、「加害者が任意保険に加入していない場合」や「被害者の過失が大きい場合」など、被害者側の保険特約によって、保険会社が対応して請求を起こすことが一般的です。
しかし、保険会社によってはあまりあてにならない場合もあります。その場合は、ご自分で「被害者請求」のさまざまな書類を揃えなければなりません。このことが被害者にとっては最善の補償であるという場合もあります。

また、6ヶ月以上(例外もあります)治療を行って、症状が完全に回復しない、つまり後遺症が残ってしまった場合を、「症状固定」といいます。この場合には、後遺障害を申請する流れとなりますが、その際も「被害者請求」が必要となります。

>>後遺障害の等級について

休業障害について

後遺障害の認定について

NPO法人 交通事故相談救済センター TEL 0120-719-717 お問合せ 24時間受付



〒807-0831
福岡県北九州市八幡西区
則松6丁目2番1号
ウインディア則松201号

当センターは、交通事故被害にあわれた方々の相談・救済を行うことを目的に設立されたNPO法人です。 交通事故は、それぞれの状況に応じてさまざまです。一般的な事故評価を基準に考えがちですが、個々の事故をよく検証しなくては過失割合も適切な設定ができません。さらに、インターネット上に記載されている情報には誤ったものもあります。 当センターは、年間300件以上の事故の相談を受け、それぞれのケースに適切なアドバイスを行っています。一般的な知識だけなく、それぞれの交通事故に応じた直接的なご相談に応じるため、是非お気軽にお問合せ下さい。
無料相談実施中
PAGETOP
Copyright NPO法人 交通事故相談救済センター All Rights Reserved.