Consultation & Relief of the traffic accident

治療について

  • HOME »
  • 治療について

治療を始める際の注意点

交通事故の治療に関しては、ルールのようなものが存在しており、このルールに反して治療をした場合、保険会社が治療費を支払わないという事態が起こることがあります。治療開始の時点で注意するのは主に以下の3点です。

1.治療の開始は事故後遅くとも2週間以内で、ベストなのは1日以内。

2.病院での検査は、自覚症状がなくても必ず受けておくこと。

3.病院で診断を受ける際に、どこにケガを負ったのかを細かく確認すること。

(例)頚、胸、肩、腕、指、腰、膝、足首 など

1.の理由は、治療開始の時期を守らないと、保険会社はそのケガが交通事故によるケガであることを認めない為、治療費を支払わないことがあります。

2.の理由は、自覚症状がはっきり出るのが事故後3~10日後が大半で、まれに事故直後、無自覚症状で脳に異常があり突然死に至るケースなどもある為、病院での検査は必ず受けておくこと。

3.の理由は、ケガを負った場所が明確になっている為、その部分以外の痛みがあっても医師による診断がない場合は治療費の支払いをしてくれません。この場合は、医師に痛みのあることを伝え、その部分も診断書に記載する様に申し出ることが必要です。話を聞いてくれないなどの対応をされる場合は、当センターへご相談ください。

NPO法人 交通事故相談救済センター TEL 0120-719-717 お問合せ 24時間受付



〒807-0831
福岡県北九州市八幡西区
則松6丁目2番1号
ウインディア則松201号

当センターは、交通事故被害にあわれた方々の相談・救済を行うことを目的に設立されたNPO法人です。 交通事故は、それぞれの状況に応じてさまざまです。一般的な事故評価を基準に考えがちですが、個々の事故をよく検証しなくては過失割合も適切な設定ができません。さらに、インターネット上に記載されている情報には誤ったものもあります。 当センターは、年間300件以上の事故の相談を受け、それぞれのケースに適切なアドバイスを行っています。一般的な知識だけなく、それぞれの交通事故に応じた直接的なご相談に応じるため、是非お気軽にお問合せ下さい。
無料相談実施中
PAGETOP
Copyright NPO法人 交通事故相談救済センター All Rights Reserved.